読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUTE and SMART

かわいくなること、お茶目になること、颯爽と歩いていくこと。

口紅は取れる

初回からなんですが、東の美容番長のもとには、よくこのような言葉が寄せられます。

「わたし、口紅がすぐ取れちゃうのー」

 

まるで「わたし」以外の人は口紅が取れないようないいかたですね。

大きな、勘違いです。

 

口紅は、塗った人全員、取れます。

それもかなりすぐに。

街をいく口紅がついている人は、取れていないのではなく、取れたらつけ直しているのです。

 

美容番長の場合は、外でお茶ばっかり飲んでいるので、ほんとうにすぐ取れます。

正確にいうと、お茶を前にしたら、紙ナプキンかティッシュで押さえてほとんど取ってしまいます。

カップの縁できょうの口紅の色を確かめたりしたくないからです。

 

そして、飲みおわったらつけ直します。

トイレにいくか、いけない場合は、スティックのままぽんっとまんなかだけつけるか、グロスを指に取ってちょんちょんっとつけておき、あとでトイレに入ったときにリップブラシで改めて引きます。

 

食事のときも同じ。

食べる前に押さえて、食べ終わったらつけ直す。

これで「口紅を食べちゃう」のも防げます。

「口紅を食べちゃうのがいやなのよねー」という人もいますが、ようは、食べなければいいのです。

 

じゃ、最初からつけなければもっといいんじゃない、という意見については、美容番長の理論の範疇ではないので、お応えしかねます。

番長にとっては、素の唇は家のなかだけのもの。

素というのは、リップクリームをつけた状態までを含みます。

 

「落ちにくい口紅」や「落ちない口紅」もあるようですが、番長は使いません。

口紅は落ちやすいほうが唇や体への負担が軽いと思うからです。

 

なにはなくとも、ポーチには口紅を。

お財布を忘れても口紅は持っていってください。

トイレに寄ったら、ポーチを開けて、口紅をつけ直してください。

そのしぐさが、あなたの「女性らしさ」を更新します。

 

そう、「女らしさ」は日に何度でも更新して上書きして、アップデートすることができます。

口紅をつけ直すのは、そのためのもっとも効果的な方法なのです。