読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUTE and SMART

かわいくなること、お茶目になること、颯爽と歩いていくこと。

さくるのベストバイ 2015

2015年12月も中旬。

2015という数字にようやく慣れたと思ったらもう終わるんですって。

信じられませんね。

 

大学2年生の娘も同じことをいっていましたから、年齢のせいと思うことは保留して、再開1本めは、今年の美容関連ベストバイさくる版をお送りしましょう。

 

 

1.  TANGLE TEEZER

 

もつれやすい髪に適したヘアブラシです。

天然パーマのわたしには、おおげさではなく人生を変えるブラシでした。

髪を伸ばしたのは20代の後半からですが、もつれにはいつも悩まされてきました。

本気でほどこうとすると小一時間はかかっていたのです。

ところが、このTANGLE TEEZERに替えた日からは、普通に梳かすだけでスルスルスルー。

あまつさえ、髪全体が落ち着きます。

柄がなく、本体を持って梳かす形状で、ブラシ部分は長短の毛が交互に植えられています。

携帯用も購入、快適な毎日を送っています。

 

http://tangleteezer.jp/index.php

 

 

2.  Dior イドラライフ モイスト&フィックス ミスト

 

12月に入ってすぐ、Diorのカウンターで優秀なBAさんに出会いました。

彼女が最初に薦めてくれたものの一つがこのミストです。

メイクの上からスプレーしても肌表面に潤いを届けてくれるとか。

寒さと乾燥の厳しくなる季節、毎日バッグに入れています。

映画を観る前後にスプレーすると館内の空調による乾燥も安心。

スプレーするたびチークの色が戻って顔色がよくなるのもうれしいことです。

 

イドラライフ モイスト&フィックス ミスト by Dior

 

 

3.  Dior  コントゥール ヌード レーブル

 

上記のBAさんお薦めのその2。

色のつかない透明のリップライナーです。

唇の輪郭の外側に引いてから口紅をつけると、淡い色でも色が飛ばずに輪郭がはっきりします。
口紅の輝く成分の光が拡散しないようにする効果があるそうです。

わたしは口紅の色をそうとうに、さすらいましたが(想像を上回るさすらいかたです)淡く肌に近い色がいい、という結論にようやく達しました。

ただ、淡い色をつけると上の唇が白く見えてしまうのが困りものでした。

しかーし、このライナーを引くと白くならない。

淡い色を淡いままに楽しめます。

ライナー自体に色がないのに効果がある。

こどものころに遊んだ「スパイセット」のペンを思い出しました。

プレゼントにも向いていると思います。

 

コントゥール ヌード レーブル by Dior on Dior Beauty Website

 

 

4.  キッカ ラヴィッシンググロウ ソリッドファンデーション

 

油分と顔料だけでつくられたファンデーションです。

スポンジにこすりとって、スタンプを押すように肌に軽くぽんぽんしてつけます。

素肌感を損なわず、乾燥を防ぎ、艶を出す。

わたしたちの世代には理想的なファンデーションだと思います。

ブランドクリエイターの吉川康雄さんの著書『生まれつき美人に見せる』(ダイヤモンド社)もとても興味深い。

男性から見た美人というものがよくわかり、勇気が出ます。

自分自身の「美しさ」を大切にしてあげましょうね、みなさん。

 

http://www.chicca.jp/lineup/base_makeup/rg_solid_foundation.html

 

 

5.  キッカ フラッシュブラッシュ

 

上のファンデーションと同じベースでできたチークです。

つけかたも同じ、三角形のスポンジでぽんぽん。

艶のある元気でかわいらしいほっぺのできあがり。

チークの粉で乾燥してしまう人にもいいですね。

見た目の色が濃いのですが、つけると自然になじみますからご心配なく。

 

http://www.chicca.jp/lineup/base_makeup/flush_blush.html

 

 

以上、ベスト5。

お役に立てればうれしく思います。