読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUTE and SMART

かわいくなること、お茶目になること、颯爽と歩いていくこと。

メイクすることの意味

ノーメイク派の友人と、デパート遊びの最後にコスメカウンターに立ち寄りました。

最近知った「美容液成分を焼いて作った」というルースパウダーの話をしたら、興味を持ってくれたので。

BAさんは彼女の肌に乳液と下地を塗ってから、そのパウダーをひとはたき。

 

おお!

本人よりも横で見ていたわたしが驚きました。

なんて品のいい!

チークも軽くはくと、さらにノーブル!

 

彼女はもともと品のある人です。

ない袖が振れないように、ない品は出せない。

パウダーをはたいてなにかを隠したのではなくて、パウダーをはたいたことで隠れていた彼女が現れたのです。

 

わたしは、メイクをすることの意味を新しく知りました。

それは、自分自身を尊重し、敬意を払う、ということではないかと。

 

彼女が試したように、ほんの軽くでいいのです。

肌の状態を整えるための保湿をし、色味を均質にするための下地をつけ、乾きにくいパウダーをはたく。

それだけで、顔の印象が柔らかになり、品のよさが生まれます。

そうすると、その人自身が現れ、その人ならではの美しさも現れるのです。

 

そんなにも美しくなれる自分をほうっておいたり、美しくなんてなれっこないと思ったりするのは、自分に対して失礼というものではないでしょうか。

 

女優さんのように美しくはなれっこない、という意見はわからなくもないですが、そんなつまらない比較のために、自分を疎かにするのはもったいなさすぎます。

 

どうか、おっくうがらずに、ミニマムでいいですからスキンケアとメイクアップを。

あなたの「美」になり代わりお願いする次第です。