読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUTE and SMART

かわいくなること、お茶目になること、颯爽と歩いていくこと。

D vs C

半年間のご無沙汰、恐縮です。

2016年上半期、なにをしていたかというと、仕事と介護家族支援の活動と、プライベートにはこどもたちのサポートです。

すでに成人した彼らですが、それはそれであるんですね、いろいろと。

おかげさまで、社会人と大学3年生の母。

自分のこととも思えません。

 

多忙ななかでもメイクは毎日していました。

すっかりDiorフリークになり、肌はかなり明るくなりました。

Diorのラボには信頼が置けますね。

色物には、どれも柔らかさがあるところが特徴的。

 

たまにCHANELをつけてみると「つよっ」という感じがします。

同じようにポットに入ったジェル状のアイシャドウも、Diorは色が肌に溶け込んでキラキラが浮かびますが、CHANELは色とグリッターがいっしょになって面で前に出てきます。

どちらがいいかは好みと自分のなかの時代の気分でしょうか。

 

いつかメゾンに興味がある友人とDiorのカウンターにいって、達人ビューティスト(美容部員さん)と三人でよもやま話をしました。

CHANELはココ・シャネルによる女性のファッションの解放にルーツを持ち、Diorは男性デザイナーの創る新しい女性像をアイコンとしてきた。

つまり、同性目線と異性目線の違いが、メイクアップ用品にも表れているのではないか、と。

 

ひらたくいうと、女性が憧れるいい女と男性が賛美するいい女。

どちらを選んで自分のものとするかは本人次第。

 

わたしはいまや、男性に気に入られたほうがずっといいので、Diorです(笑)

それは冗談としても、清楚さが醸し出す色香は女性から見ても魅力的。

友人たちがDiorで綺麗になるのもとてもうれしいことです。

 

入門アイテムとしては、アディクトシリーズのルージュやグロスがいいと思います。

透明感と艶があり、軽くつけるだけで明るく品のある唇になれるでしょう。