読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CUTE and SMART

かわいくなること、お茶目になること、颯爽と歩いていくこと。

『生まれつき美人に見せる』———ファンデーション編

美容番長、これまでに美容本を、相当数読んできました。

研究のためにめったやたらと読んだわけではなく、自分にとって役に立つと感じたものだけですが、それでも積んだらウエストくらいまではきたのではなかったかと思います。

 

この春先、近くの書店でふと手に取ったマゼンタピンクの表紙の本。

『生まれつき美人に見せる』(吉川康雄著・ダイヤモンド社)は、番長にとって、美容本の極めつけになりました。

これでもうしばらく、なにも読まなくていいと思うほどに。

 

吉川さんはメイクアップアーティスト。

ニューヨークを拠点に活躍するかたわら、日本で大人の女性向けのコスメティックブランドを立ち上げています。

番長はお得意の伊勢丹で、そのブランドのカウンターを最初から知っていました。

でも、大人の女性向けだし、ドメスティックブランドは発色が冴えないし、と、日本から一度も出たことのない鎖国女で、おつりがくるほど大人のくせに、いつも素通りしていたのです。

 

いま、あのころのわたしに「ばかばかばか」といいたい。

なぜならこの本のこの一行を読んだからです。

 

「肌は本来『粉を出す』という機能を持っていません」

 

目から鱗、目から甲羅、目から攻殻機動隊

 

メイクを始めてからこのかた「お粉」は必需品でした。

パウダーファンデーションを使うことが多かったし、リキッドでも必ずフェイスパウダーでおさえていました。

それで「自然」に見せようとしていて「自然」に見えていると思っていたのです。

 

しかーし!

肌は本来「粉を出す」という機能を持っていない...

いないですと?!

いないじゃない?!

いないんだーっ!!

 

粉をつけて「自然」なわけがなかったんだーっ!!

わたしはいままで、なにをしていたんだーっ!!

 

そして本を一気に読み終えて、翌日は吉川さんのブランドのカウンターに走りました。

とにかく一刻も早く、彼のつくったファンデーションを使いたくて。

油分と顔料だけの固形ファンデです。

同じベースのチークも買いました。

どちらもスポンジでぽんぽんしてつけます。

 

効果はまず、肌が乾かないということです。

艶が出て、健康的に見え、ただでさえ「元気そう」といわれていた番長は、ついに「元気すぎるわね」といわれるまでになりました。

 

切り換えて5か月、リフィル2個使いきったいま。

色むらがなくなり、ソバカスの色も薄くなりました。

保湿が肌の機能を助けることを実感しています。 

 

次回は男性目線のメイク編です。

 

マスカラの効用

2週間のごぶさたでした。

3回めは、美容番長三原則の最後、マスカラになります。

 

聞いたことありませんか。

日本の女性はポーチに口紅を入れて持って歩くけど、欧米の女性は口紅よりマスカラを携帯している、って。

 

番長は欧米の女性にポーチのなかを見せてもらったことがないので真偽はわからないのですが、彫りのふかーい彼女たちは、マスカラをつけるだけできれいに見える、だから化粧直しもマスカラ中心ってことでしょうか。

うらやましいですね。

 

日本は、いにしへより紅中心の化粧文化だったということでもありましょう。

いわゆる顔平らなわたしたちとしては、頬紅、口紅は必需品。

だからといって、マスカラはいらないのではありません。

睫毛は強調するに越したことがないのです。

 

たとえばアニメの動物キャラ。

男の子と女の子がいるとすると、女の子のほうには必ず睫毛がパチパチついていませんか。

睫毛は女の子の記号です。

メイクをミニマムに済ませたい人、済ませたいとき、どちらも、マスカラは抜かずにおきましょう。

 

番長は奥二重で、かつてはマスカラはぜーんぶ下瞼についてしまっていました。

だから買ったのは2回くらいでした。

それが10年近く前、フィルムタイプのマスカラというものを知り、これならパンダにならない!とまるでキャッチフレーズのように喜んではまったのです。

 

外資ブランドではランコムが最初で、それからクリニークディオール、シャネル、とつぎつぎフィルムタイプを発売していき、番長も追いかけました。

ランコムはさすがの老舗でブラシが使いやすい、クリニークはブラシが細くて小さいので小さい目の番長向き、ディオールはネイビーカラーがシック、シャネルは黒が綺麗、とそれぞれに特長がありました。

 

そして3年ほど前にシスレーと出会いました。

色物がみんな肌に優しく、スキンケア効果も兼ね備えているのがすばらしい。

じつは、シスレーのマスカラはフィルムタイプではありません。

でも、下瞼につかず、そのうえ、睫毛を育ててくれるのです。

 

使いはじめて、睫毛が濃く、長くなりました。

小さ目番長は、睫毛の隙間を内側からアイライナーで埋めるのですが、最近はその必要がほとんどありません。

ビューラーは使わず、マスカラで持ち上げるだけで、小さ目なりにぱちっと明るい感じになります。

 

マスカラをつけるとわかることですが、睫毛の先端がおじぎして瞳にかぶさっている状態と、先端が上がってまぶたの縁より上にくりっと巻き上がっている状態とでは、表情がまったく違います。

元気ならいいというものではないのかも知れませんが、番長は人には元気な顔を見て欲しいほうです。

その人に会えてうれしい、という気持ちは細部に宿る。

だから睫毛の先をくりっと持ち上げたいのです。

 

ポイントメイクはチークから

第2回は、チークの必要性について書きます。

 

美容番長三原則は「チーク・口紅・マスカラ」。

話の順序としては、前回口紅から始めましたが、実際につける順番はこの通り、チークが最初です。

 

これは以前BOBBI BROWNのカウンターで教えてもらった「元気な顔になってオーバーメイクにならない」メソッドによっています。

つまり、最初にチークをつけることで血色をよくし、その状態を自分で見ながら口紅をつけることでつけすぎを防ぐわけです。

 

アイメイクが口紅の後になるのも同じ理由。

チークと口紅で元気よく健康的になった顔を見ながらアイメイクをすると、きょうの自分の顔のバランスを感じながら、すっきりと仕上げることができます。

 

いわゆる美人メイクを目指すのではなく、自分自身の顔を感じよく健康的にしようというのが、BOBBI BROWNさんの主張であり、美容番長も賛同するところです。

 

ここで質問。

チーク、つけていますか。

番長の周りには、口紅をつけ直さない人が多数いるのと同様、チークもつけていない人をよく見かけます。

チークは若い女の子だけのもの、と思っているからだとしたら、悲しいことです。

あるいは、おばさんが無理して若作りしているように見えると思っているとしても、悲しいことです。

 

チークには、肌の色と口紅の間をつないで調和させる役割があります。

何歳の女性のメイクにも必要なのが生命感と品格。

チークと口紅の調和がそれをもたらすのです。

顔全体がぽおっと灯ったようになり、優しさが生まれます。

 

つける位置は、番長推奨は高め、小さめ、内側寄り、です。

形は横楕円で、笑っていちばん高くなるところより、ちょっとだけ上に中心を持ってきます。

はにかんだ笑顔のイメージです。

 

色は、自分の血色に合わせることが基本。

人指し指から小指までをもう片方の手で握って、指先の赤みを濃くしてみてください。

化粧品売り場のチークの見本の上でそれをして、いちばん近い色を選ぶと外れません。

固形のままだとたとえば梅干しみたいな色なのに、実際つけるとほわっとかわいらしくなるのも見物です。

 

 

口紅は取れる

初回からなんですが、東の美容番長のもとには、よくこのような言葉が寄せられます。

「わたし、口紅がすぐ取れちゃうのー」

 

まるで「わたし」以外の人は口紅が取れないようないいかたですね。

大きな、勘違いです。

 

口紅は、塗った人全員、取れます。

それもかなりすぐに。

街をいく口紅がついている人は、取れていないのではなく、取れたらつけ直しているのです。

 

美容番長の場合は、外でお茶ばっかり飲んでいるので、ほんとうにすぐ取れます。

正確にいうと、お茶を前にしたら、紙ナプキンかティッシュで押さえてほとんど取ってしまいます。

カップの縁できょうの口紅の色を確かめたりしたくないからです。

 

そして、飲みおわったらつけ直します。

トイレにいくか、いけない場合は、スティックのままぽんっとまんなかだけつけるか、グロスを指に取ってちょんちょんっとつけておき、あとでトイレに入ったときにリップブラシで改めて引きます。

 

食事のときも同じ。

食べる前に押さえて、食べ終わったらつけ直す。

これで「口紅を食べちゃう」のも防げます。

「口紅を食べちゃうのがいやなのよねー」という人もいますが、ようは、食べなければいいのです。

 

じゃ、最初からつけなければもっといいんじゃない、という意見については、美容番長の理論の範疇ではないので、お応えしかねます。

番長にとっては、素の唇は家のなかだけのもの。

素というのは、リップクリームをつけた状態までを含みます。

 

「落ちにくい口紅」や「落ちない口紅」もあるようですが、番長は使いません。

口紅は落ちやすいほうが唇や体への負担が軽いと思うからです。

 

なにはなくとも、ポーチには口紅を。

お財布を忘れても口紅は持っていってください。

トイレに寄ったら、ポーチを開けて、口紅をつけ直してください。

そのしぐさが、あなたの「女性らしさ」を更新します。

 

そう、「女らしさ」は日に何度でも更新して上書きして、アップデートすることができます。

口紅をつけ直すのは、そのためのもっとも効果的な方法なのです。